ジオフェス in つくば

この記事は約3分で読めます。

3月3日・4日に「ジオフェス in つくば」を以下のプログラムにて開催いたします。
定員:各プログラム 10名程度
申込み締切:2月3日(金)
参加ご希望の方は、申込フォームよりお申込みください。

プログラム概要

※上記行程は現時点での予定です。天候や、新型コロナ対応などの社会情勢、交通状況等により変更される場合があります。予めご了承ください。

プログラム詳細

P1 筑波山南麓ジオウォーク

筑波山南麓を歩きます(距離 約6km)。
行程の半分以上は舗装道路になりますので、トレッキング初心者でも安心して歩けます。ここは、「江戸発筑波山 160kmジオウォーク」の終着点。各ポイントでは著者より解説いただけます。

ちょうど梅の季節ですので、ジオだけでなく花木も堪能できます。筑波梅林では梅まつりが開催されており、混雑が予想されますので、状況によってはコースが変更されることもあります。
なお、一部、歩道のない交通量の多い道路を通りますので、事故には十分ご注意ください。

予定ルート(10:30に筑波山口または稲葉酒造前に集合予定)

つくば駅から現地まで:9:15(つくばセンター)発→10:10(筑波山口)着 の「つくバス」北部シャトル(¥400)が便利です。
帰路は、14:37 (筑波山口)発→15:36(つくばセンター)着 のつくバス北部シャトル(¥400)を予定しています。

P2 ジオトレ研究会 特別講義

講演者:ジオトレアカデミー 顧問 久田健一郎(元筑波大学)/事業部長 唐田幸彦

■ ジオトレッキング・ジオウォークのススメ
  ・謎解き・発見の旅 ージオツアーの新しいスタイルを目指してー
■ フィールドサイエンスのススメ(アクティビティとしてのフィールドサイエンス)
  ・身近な自然科学
  ・これからの時代を生きるために

■ ジオトレアカデミーの活動(実例)紹介
  ・啓蒙・普及活動:常陸野Cトレッキング/江戸発筑波山160kmジオウォーク/青のくに 熊野
  ・地域/産業振興(ブランディング):地質・水質からの日本酒テロワール

会場は、つくば駅または研究学園駅近辺を予定しています。

P3 懇親会

談笑しながら、本日のイベントを振り返ります。
会場は、特別講義会場近辺を予定しています。

P4 つくばサイエンスツアー

つくば街中ジオハイク後に、つくばサイエンスツアーバス(一日乗り降り自由 ¥500)で研究教育施設を巡ります。

【予定コース】(天候不順等で変更する可能性があります)
  • 午前:つくば街中ジオハイク・・・「江戸発筑波山 160kmジオウォーク」の13章に記載している、つくば中央公園やつくばエキスポセンター付近を散策し、周辺の風景や台地の成り立ち、土地利用を観察しながらウォーキングを楽しみます。
  • 昼食:つくばセンター近辺で昼食を取りながら休憩します。
  • 午後:南回り サイエンスツアーバス(13:15 つくばセンター発)に乗車します。
       地質標本館/サイエンス・スクエア つくば、筑波宇宙センター(JAXA)を見学予定です。
      (15:50 筑波宇宙センター発に乗車、16:00につくばセンター着予定)
タイトルとURLをコピーしました