運営会社

事業の目的

本事業部は株式会社ダンクの事業分野のひとつである「循環型社会構築関連事業」のひとつの実現形として、”ジオパークの理念の実行と地域振興のための課題”を解決するために以下の目的で設置しました。

  • 既存の観光・レジャーにおけるジオパークの位置づけの明確化(ジオパークの認知度アップ)
  • フィールド経験を含む地学教育の充実(ジオガイド養成)

事業目標

ヤマを楽しむ教育・研究・実践 ~低山ジオトレッキングの確立~

  • ジオパークの理念に沿った事業活動を継続できる人材の育成
  • ジオサイエンス教育に従事する人材の育成と拡大
  • ジオ資源を生かしたSDGs関連事業の実践

会社概要

社名株式会社ダンク ジオトレアカデミー事業部
住所〒319-1221 茨城県日立市大みか町4-13-23 ナフコビル2F
代表者代表取締役 唐田 俊幸
設立2000年(平成12年)1月
資本金8000万円 (2020年12月現在)
Webサイトhttps://www.nsb-dank.co.jp
関連サイト地学教育のためのGIS研究室

スタッフ

顧問
久田 健一郎
1954年東京生まれ。専門は地圏変遷科学。日本各地の他、西アジア・中央
アジアなど世界各地をフィールドとしており、最近では考古地質学にも従事。
筑波大学大学院生命環境系・教授(~2020;現在同大学院非常勤講師)、
ユネスコ地質科学国際研究計画IGCP516(東南アジアの地質学的解剖)
代表(2005~2010)、日本地質学会副会長(2010~2012)、
ユネスコIGCP科学委員会委員(2014~)、筑波山地域ジオパーク推進
協議会委員(2016~)、日本地学教育学会会長(2016~)、
NHK高校講座「地学」出演講師(1995-)
顧問
佐藤 大輔
1969年生。大学時代に山岳部にて国内の山々や北米(デナリ峰)にて登山。
卒業後、中国四川大学に留学。中国滞在中(1995〜1999)ヒマラヤの未踏峰
登頂を始め、8000m峰の未踏ルートに挑戦するなど複数の登山隊に参加。
貿易会社(2000〜2004)、大手食品会社勤務(2004〜2018)を経て、
2018年4月筑波大学山岳科学学位プログラム(山岳修士)に入学。
2019年公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージ2取得。
現在、同ガイド協会訪日外国人対応委員会委員及び研修担当。
筑波大学博士課程(地理学)に在籍。中国の山岳ツーリズムについて研究を
している。
事業部長
唐田 幸彦
1965年茨城生まれ。筑波大学第一学群自然学類(地球科学専攻)卒業。
卒業論文は「埼玉県東秩父村安戸地域の地質」。卒業後、準大手ゼネコン
にて地質技術者として従事するが、デジタル技術の利用可能性に惹か
れIT技術者に転身。以降、ソフトウェア開発会社、外資系医薬会社のIT部門
を経て2002年にダンクに入社。現在に至る。日本地学教育学会会員。

タイトルとURLをコピーしました