フィールドサイエンス教育・普及

この記事は約4分で読めます。

フィールドサイエンス(野外科学)とは、その言葉の通り、”自然(野外)にて科学すること”です。
フィールドサイエンスを身に着けることにより、自然の保全と社会の持続性のバランスの問題などの解決を図っていくことの重要さと、環境問題や防災科学についての理解を深めることができます。

ジオパークやジオトレッキングは、フィールドサイエンスを行うには絶好の場となっています。
ジオトレアカデミーでは、「ジオトレッキング」を通じてフィールドサイエンスの目的や手法の啓蒙を図るとともに、自然地理学・地質学・山岳科学・生態学・考古学・人文地理学等の関連する各学術分野におけるフィールドワークの実施や普及をサポートします。

ジオトレアカデミー 会員向けサービス

会員サービスサイト

ジオトレッキングに興味のある方、実践してみたい方、あるいは将来ジオトレインストラクターとして活動してみたい方のためのサービスを「会員サービスサイト」にてご提供します。

会員登録は無料ですので、ご興味のある方はぜひ登録ください。

各種ツアー・イベントの実施

会員を対象にジオトレッキングツアーやジオツアーを行っています。詳細については、その都度会員サービスサイトに掲載するほか、ニュースレターにて知らせします。

ジオトレインストラクターの養成

フィールドサイエンスの未経験者や初級者がジオトレッキングを楽しむためには、フィールドサイエンスの専門知識を持ったインストラクターによるガイドが必須です。ジオトレアカデミーでは、ジオトレッキングの普及促進のために「ジオトレ講座(ジオトレインストラクター養成講座)」を開講しています。

本講座の位置づけは以下のようになります。

ジオパークに限らずヤマの自然を案内ガイドとして活躍したい人は、ジオトレインストラクターの経験を積んで、日本山岳ガイド協会公認の「自然ガイド」資格を取得すれば全国で活躍することができます。インストラクターになるためではなく自分の好奇心や趣味を深めたいという方でも、もちろん受講できます。

フィールドサイエンスおよびジオトレッキング研究

フィールドサイエンスに関する各種セミナー・講演、野外演習サポート、地学教材作成、トレッキングガイドサポート等を行っています。
ジオトレッキングの普及のために、ジオトレッキング普及に興味をもって頂いている方の活動の場として、ジオトレアカデミー内に「ジオトレッキング研究会」グループを設置しました。

ジオトレッキング研究会

ジオトレッキングコースの開発やジオトレインストラクター教育は、この研究会活動にて行います。
ジオトレ講座Ⅰを修了した方は正会員として本活動に参加できます。

これまでの主な活動実績

久田ジオセミナー

Facebookに、「筑波山地域ジオパーク」の地質・地形の面白さを伝えるためのページを公開中です。

常陸野Cトレッキングコース開発

近年のアウトリーチ活動(セミナー等)

  • つくばエキスポセンター「おとなのためのサイエンス講座」実施
  • 筑波山地域ジオパークのジオガイドの皆さんのためのセミナー実施
  • イタリア料理専門展 ACCI Gusto にて「日本酒テロワール」に関するセミナー実施

地学教育のためのGIS研究

理科教育(特に地学教育)へのGISの活用・普及のための各種プログラム・サービスの開発プロジェクトを実施しています。

国税庁「令和2年度 日本産酒類のブランド化推進事業」採択事業

2021年10月5日 筑波大学発ベンチャーとして認定されました

  • 株式会社ダンクのジオトレアカデミー事業が、令和3(2021)年10月5日に国立大学法人筑波大学より筑波大学発ベンチャーに認定されました。(筑波大学ニュースリリース 2021年10月)
    これを機にジオトレアカデミーでは、「ジオトレッキング」および「フィールドサイエンス教育」の普及を行っていくにあたって、よりレベルの高いサービスを目指していきます。
  • ジオトレアカデミーのサービス開発やジオトレッキング研究会の活動において、筑波大学の関係者(先生、学生、卒業生等)の方々にご協力いただいています。
タイトルとURLをコピーしました